白髪染めを一度すると

美容院で働いていて、最近は一般の方たちも、髪の知識が豊富になってきていると思います。しかし、意外と白髪染めをした後に髪の色を明るくすることが簡単 にできると思っている人が多く、困る事があります。

一番困るのは、まっ黒に染めた髪で美容院へ来店して、「色を明るくして、アッシュ系などのくすんだ色見 にしたい。」というオーダーです。明るく染まる白髪染めやアッシュ系と書いてる白髪染めでも、白髪染めであれば、どんな商品でも、薬剤に赤味が入っている ものです。なぜなら赤味が入っていないと白髪が染まらないからです。

特に、色のレベルが黒くなればなるほど、しっかり白髪が染まるように赤味の強い色素が 入っています。ブリーチさえすれば、明るさは明るくなりますが、赤い色味が残ります。自分で白髪染めをしている髪はアッシュ系のくすんだ色味にすることは 不可能なのです。お金をたくさん出してもらえると不可能ではありませんが、1度のブリーチで色を抜いて明るくして、2回ほどのブリーチで、赤味を取り、 アッシュの色味を乗せると可能です。それだと、カラー代が4回分かかりますし、強いダメージができてしまいます。

いずれ明るい髪色にしたいと思っているな らば、4レベルや5レベルの黒い色の白髪染めはやめた方が良いと思います。

ブリーチせずに髪を明るくする場合、1年以上経過して、黒い部分をカットしなけ れば明るく出来ません。自分染めは簡単にできるようになっていますが、きちんと考えて染めてほしいです。

白髪染めランキング

定番のビゲン「クリームトーン」が気にいっています。

ビゲンは昔から使っています。
使用方法も簡単で自分の色もある程度決まっていますが、いろいろな染色(カラー)があるので季節に合わせたり、少し雰囲気を変えたりする時も便利です。

部分染めとか泡タイプ等も出ていますが、しっかり染まっていないことも有りました。
美容室でやるような、液を調合して専用のブラシでしっかり染め上げてくれるので結局、クリームトーンになってしまいます。
ポイントとしては当然しっかりとまんべんなくカラー染めるのが良いのですが、前髪の生え際やサイドの生え際が一番目立つのでここはしっかりとすると共に、歯ブラシ等で細かく
揉みあげ部分を丁寧にやります。
恐らく部屋、洗面台等の電気で染め具合を確認していると思われますがある程度、しっかり染めたら外へ出て手鏡で確認をすることを忘れずにやっています。

男性の短髪の方なら2回使える時もあります。(ドラッグスタッフに確認の上)私は使用したことがありますが、しっかりと保管して自己責任でやられると良いと思います。
後は、傷めないようにしっかりと洗髪して自然乾燥後、ドライで乾かせホットはあまり使用しないのが私のやり方です。

時間も掛からず、男性にも女性にも手軽に出来る定番のクリームトーンは私のお気に入りの商品です。