白髪染めを一度すると

美容院で働いていて、最近は一般の方たちも、髪の知識が豊富になってきていると思います。しかし、意外と白髪染めをした後に髪の色を明るくすることが簡単 にできると思っている人が多く、困る事があります。

一番困るのは、まっ黒に染めた髪で美容院へ来店して、「色を明るくして、アッシュ系などのくすんだ色見 にしたい。」というオーダーです。明るく染まる白髪染めやアッシュ系と書いてる白髪染めでも、白髪染めであれば、どんな商品でも、薬剤に赤味が入っている ものです。なぜなら赤味が入っていないと白髪が染まらないからです。

特に、色のレベルが黒くなればなるほど、しっかり白髪が染まるように赤味の強い色素が 入っています。ブリーチさえすれば、明るさは明るくなりますが、赤い色味が残ります。自分で白髪染めをしている髪はアッシュ系のくすんだ色味にすることは 不可能なのです。お金をたくさん出してもらえると不可能ではありませんが、1度のブリーチで色を抜いて明るくして、2回ほどのブリーチで、赤味を取り、 アッシュの色味を乗せると可能です。それだと、カラー代が4回分かかりますし、強いダメージができてしまいます。

いずれ明るい髪色にしたいと思っているな らば、4レベルや5レベルの黒い色の白髪染めはやめた方が良いと思います。

ブリーチせずに髪を明るくする場合、1年以上経過して、黒い部分をカットしなけ れば明るく出来ません。自分染めは簡単にできるようになっていますが、きちんと考えて染めてほしいです。

白髪染めランキング

若くなります

昨日、白髪染めをしました。狭いユニットバスなので、髪の毛を洗う時が窮屈でした。洗い場が汚れないかも心配です。お風呂の椅子に座り、髪にコームでつけ ました。残っていたものを使ったので、少しだけでした。特に目立つのが、右側の髪の生え際でした。白髪染めで、じっくりと見てみると、だいぶ白くなってい て、もっと、早くしら染めをしたらいいと感じました。
できれば、白髪も薄く染める程度で、黒々というものではない製品があるといいです。期間が空いても染めなくても、いい感じの製品です。そうすると、おばあ さんになってしまうでしょうか。若くなるためには、どうしても髪の毛の艶が必要です。白髪染めをしないと、おばあさんと同じに見えてしまいます。
女性は、不思議なものです。例えば、自分よりも年下の人や、20歳も若い人を見ては、自分より少し若いだけと思ってしまうのです。思われる方はたまりません。しかし、そういう習性をもっています。
以前、幼稚園の運動会で、おばあちゃんがきていて、「お母さん」とお呼びしたら、「私はお母さんではありません。」という返事が帰ってきて、それは、十分わかっています。と思ったことがありました。若さだけが追及されるようです。