白髪染めを一度すると

美容院で働いていて、最近は一般の方たちも、髪の知識が豊富になってきていると思います。しかし、意外と白髪染めをした後に髪の色を明るくすることが簡単 にできると思っている人が多く、困る事があります。

一番困るのは、まっ黒に染めた髪で美容院へ来店して、「色を明るくして、アッシュ系などのくすんだ色見 にしたい。」というオーダーです。明るく染まる白髪染めやアッシュ系と書いてる白髪染めでも、白髪染めであれば、どんな商品でも、薬剤に赤味が入っている ものです。なぜなら赤味が入っていないと白髪が染まらないからです。

特に、色のレベルが黒くなればなるほど、しっかり白髪が染まるように赤味の強い色素が 入っています。ブリーチさえすれば、明るさは明るくなりますが、赤い色味が残ります。自分で白髪染めをしている髪はアッシュ系のくすんだ色味にすることは 不可能なのです。お金をたくさん出してもらえると不可能ではありませんが、1度のブリーチで色を抜いて明るくして、2回ほどのブリーチで、赤味を取り、 アッシュの色味を乗せると可能です。それだと、カラー代が4回分かかりますし、強いダメージができてしまいます。

いずれ明るい髪色にしたいと思っているな らば、4レベルや5レベルの黒い色の白髪染めはやめた方が良いと思います。

ブリーチせずに髪を明るくする場合、1年以上経過して、黒い部分をカットしなけ れば明るく出来ません。自分染めは簡単にできるようになっていますが、きちんと考えて染めてほしいです。

白髪染めランキング

パオンエッセンスリッチ白髪染めを利用しています。

白髪染めは、身だしなみ、オシャレの一つだと思います。白髪染めを買いにお店にいくと、いろいろなメーカーのいろんな種類の白髪染めがあり、クリームタイ プ、液状タイプ、泡タイプがありますが、クリームタイプは髪に密着するし、自分は部分染めしてるので、値段も安く、染める時間も早いパオンエッセンスリッ チを使っています。ツンとしない、優しいフローラルの香りがして、毛髪を保護しつややかな髪色に染め上がるので大変気にいってます。
母親の白髪もパオンエッセンスリッチで染めてあげてるので、値段も安いし、一度に5箱まとめ買いしてます。白髪染めをする場合は、衣類に白髪染めの液がついても良いように、液がついても良い白髪染め用服を準備しておくと大変便利です。
染まりにくい分け目や前髪部分は、薬剤を塗ったあとコットンを載せていき、 最後にサランラップで頭をくるみ放置すると、薬剤の乾燥を防ぎ、しっかりと髪に浸透していきキレイに染まります。
染め方は、自分が気になる部分から染めていくと良いです。白髪染めについてるハケやクシで、髪を分けながら薬剤をつけていくとムラなくしっかりと染まりま す。放置時間は、髪の毛の量が多い場合は、説明書に書いてる放置時間より少し長めに放置しておくとキレイに染まりました。